忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


先日、トレイルランナーの石川弘樹さんとRUN&SURFツアーで伊豆・下田にいった際に
お世話になったsurf shop realの鈴木直人さんからご案内をいただきました!

映画THE PRESENT の上映の他、トーマス・キャンベル、アンディー・デイビスのアート、日本を代表するサーフフォトグラファー土屋Taさんの作品の展示が堪能できます。

そして、楽しみなのことに!ウエッグナーのアライアやpatagonia/FCDのサーフボードの試乗会もやるとのことです!

くわしくはこちら



PR

本日のカヌーで海にでていると、
ワッ、でかい!!何!、何・・・???
直径1mはありそうなこの物体!!!!



なんと、エチゼンクラゲでした!



近頃、秋が深まると日本海で大量発生する巨大なクラゲ、
食用として中華料理でもよく利用されているものなのですが、
葉山にいるなんて!?!?!?

びっくりなご報告を、メンバーのKatsuraさまと星詩くんからいただきました!

このクラゲ、wikipediaによると・・・

本来の繁殖地は黄海および渤海であると考えられており、ここから個体群の一部が海流に乗って日本海に流入する。対馬海流に乗り津軽海峡から太平洋に流入したり、豊後水道付近でも確認された例がある。

アザラシ、イルカの出現がつづくこの頃ですで大いなる海のつながりを感じつつ、
海洋環境の変化についても憂いを覚えずにはいられないところもあります。

台風20号が南海上を通過して明けた朝です。



頭に雪化粧をした富士山、丹沢の山辺、そして江ノ島。
西には伊豆半島の先から、南は大島とくっきりと映えていました。


昨日の雨風の晩、出会った詩です。


『 祝 婚 歌 』 吉野 弘

二人が睦まじくいるためには

愚かでいるほうがいい

立派過ぎないほうがいい

立派過ぎることは

長持ちしないことだと

気づいているほうがいい

完璧をめざさないほうがいい

完璧なんて不自然なことだと

うそぶいているほうがいい

二人のうち どちらかが

ふざけているほうがいい

ずっこけているほうがいい

互いに非難することがあっても

非難できる資格が自分にあったかどうか

あとで疑わしくなるほうがいい

正しいことを言うときは

少しひかえめにするほうがいい

正しいことを言うときは

相手を傷つけやすいものだと

気づいているほうがいい

立派でありたいとか

正しくありたいとかいう

無理な緊張には色目を使わず

ゆったりゆたかに

光を浴びているほうがいい

健康で風に吹かれながら

生きていることのなつかしさに

ふと胸が熱くなる

そんな日があってもいい

そしてなぜ 胸が熱くなるのか

黙っていてもふたりには

わかるのであってほしい


この詩の作者は吉野弘さんという方なのですが、
この方の著作権に対する考え方が面白いのです。

詩は民謡みたいに誰が作ったのか分からない位でいい。
その作品で何かを感じてくれて、まだ誰かに伝えてくれる、と。

今は、ビジネスにできるものはビジネスに、という世の中ですが、
吉野さんの詩を読んで思います。
あたりさわりのいい言葉よりも、その人の生き方が重みを持つものだなと。

先日、yogaのワークショップを開いてくれたBharat Das先生からの手紙が届きました。


永井巧 Takumi Nagai

BEACH HAYAMA ディレクター。
ライフワークとして、海、自然と人をつなげる活動を行っています。アウトドアアクティビティーの拠点は、地域コミュニティーの場となり、地域風土にそった持続可能な社会に貢献しうるものです。このブログでは、アウトドアアクティビティーから広がるものや、そこに関連するものについて綴っていきます。
簡単に自己紹介です。ものごころがついた時から小学校入学までサンパウロで過ごし、帰国後は都内、金沢に暮らし、現在は藤沢市在住。学生時代は、湘南でライフセービング、及びソマリアでの難民キャンプで活動。卒業後は、タヒチの黒真珠の養殖所で働く。帰国後は、サーフィンの波情報会社、アウトドアスポーツアパレル会社に勤務。また、その間、湘南地域でライフセービングクラブの運営、アウトリガーカヌークラブの立ち上げを行う。

2008年11月までのブログはこちら


LINKS










ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]